Galaxy Z Fold4(SC-55C)

悩んだ末、結局機種変しました…。

 

決めたポイントは以下

  • 軽くなってる(やや、数グラムほど)
  • バッテリーの持ちの改善
  • カバーディスプレイの比率
  • eSIMで2回線使え、しかもauのバンドもつかむらしい
  • 新しい純正のStanding Cover with Penが自分の用途によさげ

あと、最大の理由はFold3を外装におもいっきり傷が入るほど派手に落っことしたこと…。(ちょうどdocomoのとSamsungのサービスで特定ドコモショップでその場修理が始まっており、キャリア保証にも入っていたので5,500円ほどでほぼ新品に修理したんですけども)

ということで約一か月ほど使った感想ですが、Fold4にかなり満足しています。

まず重さ。スペック上は数グラムなんですけど、箱あけて持った瞬間、「かなり軽っ」と感じました。Fold3と持ち比べたところ、どうもヒンジ部の改善でFold3でだいぶヒンジ部にあった重心が、全体に分散され、畳んでも広げても体感的に軽く感じるようになっている模様。実際の重さは数グラムしか変わってないのですから、相変わらずズボンのポケットに入れると他のスマホに比べズシっとくるんですが、持った感じは軽くなってる。ああ、だから重さに関しては売り文句で具体的な数字でなくぼかした表現してるんだなと…。

バッテリーの持ちはそれなりに改善しているようで、Fold3と同じほぼ使い方で、けっこうよくなっている感じです。具体的にベンチとってるわけではないですが、同じ時間帯で数パーセントは平均で残量がよくなっている感じ。
カバーディスプレイの比率変更については、ブラウザにしろメーラーにしろ、そしてゲームにしろ、普通のスマホの画面比率に近くなったため、かなり使い勝手がよくなっており、写真や記事などでみるよりも使いやすさが実感できるほどです。

eSIMによる2回線ですが、これまたちょうどよくMVNOで利用しているIIJmioau回線の音声eSIMサービスが始まったので、申し込んで設定しました。IIJmioのページによる対応端末などにはFold4は載ってませんでしたが、手順通りに設定したところ音声もSMSもデータも使えました。
基本的に受話およびSMS受信に関してはSIMの切り替えは不要で、発信する回線を変える場合にSIMの切り替えが必要となります。そのところ、Fold4では以下のようにクイック設定上で簡単に切替が可能なので、例えばdocomo回線でアンテナピクトがいまいちだからau回線に…ってのもすぐできます。

ただ難点は、データSIMを切り替えると、キャリア回線を必要とするアプリ通信がバックグラウンドなどでも発生すると、いちいちdocomoアカウント認証がかかるというところ。まぁデータ回線に関しては、なにかなければ切り替えないほうが無難かなと。

それからStanding Cover with Penケースですが、見ての通りSペンのホルダーと簡易スタンド部分がモジュール式になっており、その時々の用途で差替えできるところが気に入りました。

  

またStanding Cover with PenとSlim Standing Coverは、テープで固定し、なかなか差し替えがしずらいカバーディスプレイ側のカバーが共通で、カメラ側のカバーは比較的簡単に差し替えできるので、二つとも買えば、このように気分と用途で差替えて楽しめます。

カタログスペック的な比較だとFold3からは、「買い換える必要ないよなぁ」となりがちですが、Fold3使ってる人ほど地味にきいてくる改善が目立ちますので、「今回は見送るゾ」って方ほどFold4の実機にさわらないようにすることをお勧めします。いやほんと地味にいろいろ使いやすくなってるので。

興味を持つことはまること

メイプル機械神Ver買ったりとかしてるとおり、今現在は「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」にわりと。

←モニタの上

きっかけは、ネトフリあたりで適当にアニメをチョイスして流していたところ、妙に楽しく、そしてなんとなくMMO RPGをプレイしていた一番楽しかったころを思い出して、いつの間にか配信を何回もリピートするほどはまってました。

見始めからして本放映終了後だったので、あらかたのグッズはほぼなくなっており、手に入るもの手に入りそうなものってことで、BDも3巻とも買ったり、出てて買えるフィギュア類は予約or買ったり、そうこうしてたらネトフリ配信終わっちゃうの?で配信続いているdアニメ入ったり(マジにこれが理由)、やっぱ原作を読もう、コミックも、アンソロもと売ってる電子版はだいたい買った上に、最近実本(紙の本)で買いなおしたり、二期はじまるからとよくある一期おまとめBD BOXももちろん店舗特典欲しさに二個予約してるとか、ホントここまでってのは久しい。ちなみに機械神Verもフル装備で組んじゃうと、毒竜装備に戻すのが大変って理由だけで二個買ってる。

あと自分には珍しく少し二次創作絵も描いたり。好きになってもゲームでも漫画小説アニメでも、あまり描かないんだけども。

  

 

わりといわゆる、なろう系とか昨今のWeb小説発祥のコンテンツは敬遠気味だったのですが、手を付けてみると楽しいなぁと。そら元は富士見ファンタジアだとか角川スニーカーとか朝日ソノラマとか読んできたのですから、方向性としてあわないわけないわけで。でも最近はネットの影響というか垣間見ることのある、そういった作品系統へのネタ的な扱いやらでネガティブイメージ持っちゃってたみたいで。

で、いざ原作にも手を出すと、カドカワBOOKSは電子版だと同レーベルの他作品のお試しがついてる。最初は興味なかったのですけども、でも読まないとKindkeリーダー上で100%ならんしなぁと、読んでみるとそれぞれに面白く、続きがそれなりに気になりちょっと買ってみようかなとかいう気分にさせてくる…さすがに今すぐにどれもこれも、ってのは無理ですが、なにかしら新しいものに手を付けようってときにいい手がかりになりそうだなと。

と、先に、決めつけて、興味をもたないようにするってのは、なかなか損なんだろうなぁと。

先にも書いたけど、その決めつけや興味を持たないようにする先入観みたいなもの、今はネットというかSNSだとか掲示板だとかで、気が付かないうちに影響うけやすいトコロあるかなと思うので、そういう変な影響は受けないよう、先入観で疎遠にしないようしたいところ。

どうせ観る読むなら、変にクサすよか楽しんだ方が得よね。

Nreal Air

AndroidスマホWindows PCで使えるARグラスということで、値段も手ごろだし面白そうだったので購入してみました。

本体それ自身に電源はなし、type-C一本で接続ですので対応する機器側は画面出力だけでなく、グラスを動作させるだけの電力供給ができるものが必要となります(つまり単純にHDMIなどを変換しただけではダメで、同時に電力供給できるアダプタがあればおそらく他のゲーム機などでも使えるかもしれません)。
Windows PCならだいていは平気だと思いますが、スマートフォンタブレットだとそのあたりは機器によると思いますので、素直に対応とうたっている機種を所持していたほうが無難かなと思います。

まずは初期設定が必要で、対応スマホなら専用アプリNebulaを導入し接続して指示に従って実施、PCでも以下のURLからできるとのこと。

https://www.nreal.jp/activation.html

AndroidはGalaxy Fold3で使用し、いじってみた感想です。
本来のモードと思われるMRモードは、VRゴーグルのような仮想現実的な動作となりますが、対応アプリが少ない上に、Yutubeなどログオンしようとするとセキュリティ警告が出てログインできないこともあり、正直使い物にならなかったです。
もう一つAir Castingというモードでは、単純にスマホに外部モニタを付けた動作となり、こちらでは普通にAndroidアプリがそのまま映せますので、手元操作をあまりしない、画面を注視しなくてもある程度使える、動画視聴や電子書籍閲覧にはいい感じでした。
ただ動画系アプリですが、アマプラやネトフリですと画面のミラーリング動作となり、Nreal Air側では画面比率の問題でFold3で使うとちょっと一回り小さめに表示されてしまいますが、dアニメは再生ウィンドウを別に開くタイプで、出力先が勝手に外部モニタとなりFold3側の画面比率関係なくフルスクリーンでNreal側に出力されました。
つまりアマプラやネトフリではメインディスプレイにし、ミラー再生となるところですが、dアニメではカバーディスプレイで操作だけ出し、メインの動画はNreal側にだけされるという形態となります。

Windows PCでは単純にマルチモニタとして使えます。構造のとおり、グラス部手前に機器画像が投射されるモニタ部がありますので、視線を少し下にするだけでわりと手元や、ノートPCの画面などが普通に見えますので、モバイル省スペースマルチモニタ環境として資料や動画をグラスに投影して使ったり、下の写真のようにスレート型ゲームPCにつなげてモバイル大画面ゲーム環境などと、結構いろいろ使えて面白いです。

グラス内蔵のスピーカーはまぁまぁの音質で、ちょっとしたゲームや配信動画などを楽しむ分には困らない感じ、音漏れや音質が気になるのであれば、グラス型ですので別途イヤフォンなどを利用もできます。

難点は、この手のオサレデバイスにありがちな説明書がとても不親切。
まずNebulaを使って初期設定する指示などどこにもなく(文中に紹介程度で名前が出てくるだけ>Nebula)、ましてや先のPC用初期設定アドレスの記載もありません(AmazonのカスタマーQ&Aに載ってた)。物理的な取り扱い説明に徹しているわりに、とても固いノーズパッドの外し方も詳細は書いてありません(自分はノーズパッドの交換は精密ドライバーなど使わないと無理でした)。
まぁ発売から少し経ってますし、Webにノウハウがある程度ありましたので、説明書読んでもようわからん!となったらまずWeb検索でもして確認したほうがいいかと思います。

いろいろ書きましたが、結局のところわりと気に入ってます。
ともかく軽く取り回しがよく、機器への接続と使用までの手間が少なくて使い勝手がいい。なによりゴーグルタイプのこの手のデバイスと違いまったく蒸れない(最重要)。

近々PSやSwitchなどのゲーム機も使えるようにするアダプタも出るようですので、動画鑑賞やゲーム目的で少しいいモニタを買うつもりで買ってみると面白いかもしれません。

 

専用ケースがついていて、かなり携帯も手軽にできるようになっています。